将棋プレス


カニカニ銀の棋譜 渡辺明 棋王 対 広瀬章人 八段 朝日杯(2018/01/26)

カテゴリー:
タグ:

渡辺棋王は史上四人目の中学生でプロ棋士。永世竜王でもある。居飛車党で固い囲いからの途切れない攻めが特徴。

後手番の広瀬八段の棋譜を見るのは初めて。以前は『四間飛車穴熊』を得意としていたようだが、最近はなんでも指すオールラウンドプレイヤーらしい。





21手目、▲3五歩と早くも開戦!後手はたぶん『カニカニ銀』だ。初めて見た。

63手目、▲3五桂打、悪手、敗着手。金取りなので普通に金を逃げなければいけなかった。

84手目、△8七銀打を見て先手投了。

たぶん後手の居玉が広いのに対し、少し囲おうとした先手玉の方が形が悪い。後手の左右バラバラに攻める「カニカニ銀」、先手から見ると意外と後手玉が遠く見える。「カニカニ銀」、実にカッコいい戦法だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。