将棋プレス


対三間飛車、24名人戦 2018 第17局

カテゴリー:

24名人戦、対『三間飛車』に棋譜です。相手はいつもながら格上ですが、お互いヘッポコです。

評価値のグラフが乱高下するのは、お互いヘッポコな証です。人様にお見せするような棋譜ではありませんが、自分の勉強用に記しておきます。






8手目、△3ニ飛、『三間飛車』です。石田流じゃなくてよかった。石田流は対応の仕方が分からない。
角道も飛車先も止まった状態なので、一目散に『穴熊』を目指します。

25手目、▲2六飛、相手が飛車先の歩を突いてきたので、ビビッて飛車を浮いて受けてしまいました。結果的に悪い手ではなかったんですが、右の金を寄せるとか、もっと堂々と指したかった。

30手目、△4五歩と後手が角道を空けて開戦です。

49手目、▲5五歩打、悪手。相手の銀の進撃を咎める手はない。攻めるのみだった。

57手目、△3一飛打と反撃を開始するも、すでに評価値:-1781と敗色濃厚。

71手目、▲8四銀打、王手飛車を狙った好手だが、問答無用に銀を取られた。

85手目、▲8四飛、飛車を追いまわされた挙句の飛車切り。だが、この一手で評価値は逆転。

94手目、△5六玉、王手がかからないところに逃げられた感じ。今考えれば、▲6一飛成と金を取ってしまえば、詰めろだった。

96手目、△6六桂打、この一手が詰めろだったとは・・・

100手目、△7八金打で先手投了。

ウーン、惜しかった・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。