将棋プレス


郷田の横歩取り、糸谷哲郎 八段 対 郷田真隆 九段 NHK杯(2017/09/04)

カテゴリー:

2017年、NHK杯2回戦の棋譜。糸谷八段が『横歩取り』が得意なのは知っているが、郷田九段も実は「郷田真隆の指して楽しい横歩取り」という本を出しているくらい「横歩取り」は得意であった。






28手目、△4四角打、角を合わせれば防げるが、角交換の後の先手の形が悪い。

32手目、△3三桂、このタイミングで桂を跳ねれば先手は2筋に戻れず、 △2八角打の手が見える。

39手目、▲1六歩、正直先手からのいい手が見当たらない。

42手目、▲2七歩打、好手!どの駒で取っても角打ちが見える。先手は飛車交換に持ち込んでも飛車の打ち場所もない。完全に後手優勢。

98手目、△5六龍を見て先手投了。

実はこの2か月後に両者は王将戦で対局することになるのだが、その時も「横歩取り」で郷田が勝っている。横歩取りで最強なのは郷田九段?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。