将棋プレス


~青写真を描く~ 第68回NHK杯解説記 八代弥六段VS安用寺孝功六段

今週は、八代弥六段と安用寺孝功六段の対戦でした。八代六段は居飛車党で、棋風は受け。じっくりとした将棋を好む傾向があり、手厚く負けにくいタイプの将棋を指される印象です。安用寺六段は振り飛車党で、受け将棋。近年は角交換振り飛車を多用しています。粘り強い棋風で…

続きを読む

コメントは受け付けていません。